< HANDMADE -POST JEWELRY #3520->

JAM HOME MADE公式通販サイトのHANDMADE -POST JEWELRY #3520-ページです。

今はSNSで押しているボタンに姿を変えていますが、食卓で何気なく家族と使っていた醤油も、青になるのを待っている信号も、通勤電車の7人掛けの座席も、地球も、空も、太陽も。
一つのものを分かち合い共有していること。
実は、ずーっと昔から自然にやってきている『シェア=共有する』。
JAM HOME MADEが提案するのは、『シェア=共有する』アクセサリーです。
『シェア=共有する』アクセサリーは、1列44ピース×80列の合計3520パーツが集まることで完成している一つの作品< POST JEWELRY #3520 >。
それぞれのパーツは、ネックレストップになっていて、シルバーと18金のイエローゴールドを使用し、ジュエリー製作の基本工程「切断、溶接、研磨」のみにより、すべて手作業で製作しました。
個々のパーツには、1から3520までのシリアルナンバーと JAMの文字が刻印されています。
刻印も一文字ずつ手打ちなので、打ち込む強さや角度によってもそれぞれ表情が異なり、世界に二つとして同じものは存在しません。
900°Cまで温度を上げることが必要とされる18金の溶接材は、母材となるシルバーとの融点が近いため、技術的に難易度が高くなりますが、溶接する際に溶けてしまったシルバーの風合いもまた、手作業ならではの味わいとなります。
大きさ、形が1つひとつ異なるそれぞれのパーツ。
自分の所有するパーツは、どの部分を構成しているのだろう。
同じ列、前後のパーツはどこに住んでいる誰が持っているのだろう。
その打刻されたシリアルナンバーに抱くのはどんな思いなんだろう。
3520パーツが集まる立体作品を想像すると、そんなことに想いを馳せずにはいられません。
代わりのない唯一のパーツを所有することが、この作品全体を誰かと“共有する”こととなり、見えない『だれか』と『つながる』ということ。
それはあたかも、現代的な価値観においての「社会」そのもののようでもあります。
私たちはみんな多様性を持った唯一無二の存在であり、たとえ隣人の姿かたちが見えなくても、確かに今、隣で一緒に世界を構成しています。
そんな風にゆるくつながる現代社会で、ハンドメイドの温もりがもたらす、“共有する”という概念をかたちにしたジュエリー。
HANDMADE -POST JEWELRY #3520-。

売上ランキング

売上ランキングをもっと見る

POST JEWELRY 3520

並び替え
1563件中 1-200件表示
1 2 8