印伝 印傳屋 ( 甲州印伝 )

<印伝-印傳屋 (上原勇七)>

JAM HOME MADE公式通販サイトの印伝-印傳屋 (INDEN-YA)ページです。

伝統革工芸「印伝」の総本家の印傳屋とのコラボレーション 。
JAM HOME MADE完全オリジナル柄が完成。伝統技で表現されたアイコニックなJAMのオリジナル柄レザープロダクト。

JAM HOME MADEよりちょっと早いですがクリスマスプレゼントとして、
会員登録を頂いているお客様&新規会員登録のお客様に、商品各種 20%OFFの特別会員様価格を設定いたしました!!
会員特別価格とお持ちのポイントとの併用利用も可能です。
特別な想いを叶えるのに是非ご利用くださいませ。

既に会員登録をいただいておりますお客様は、下記リンクよりログインいただけますと、20% OFFの特別会員様価格が表示されます。
※ 一部対象外商品がございます。



新規会員登録特典と致しまして
即時ご利用いただける2,000円分のポイントをプレゼント !!

購入履歴・お気に入り・配送先リストなど便利なシステムに加え、お買い上げ金額、内容に応じてポイントが貯まります♪
貯まったポイントは1pt=1円としてご使用いただけます。
会員限定のクーポンやイベントの詳細はメールマガジンでお知らせします。

印伝の歴史
日本古来の製法で作られ、漆で表現された柄の美しさが魅力の甲州印伝ですが、実は機能的にも非常に優れています。軽く丈夫な素材であり、また人肌に非常に良くなじみます。 日本の革工芸の歴史をたどると、奈良時代に遡ります。革を染める・模様を描くなど、いろいろ な技法が考案され、また外国より伝搬されてきました。 甲州印伝の特徴の一つである鹿革は、体になじみ、強度を備えていることから武具に使用され、戦国時代には、燻(ふすべ)や更紗(さらさ)技法を用いた鎧や兜が武将たちの 勇士を飾ってきました。
印伝の由来は、寛永年間(1624~1643年)に、来航した外国人により印度(インド) 装飾革が幕府に献上された際に名づけられたと伝えられています。その華麗な色に刺激され、後に国産化されたものを"印伝"と呼ぶようになりました。貞享二(1685)年刊の京都の地誌である『京羽二重』や十返舎一九の「東海道中膝栗毛」(1802年)のなかに「印伝」の記述があることから、江戸時代には各地で製造されたものと思わ れます。現在、製法が伝わっているのは、甲州印伝のみです。
甲州印伝の起源については、1854(嘉永七)年、「甲州買物独案内」に記述があることから、 江戸末期には産地が形成されていたと見られています。 明治期になると、信玄袋や巾着袋等が内国勧業博覧会において褒章を得るなど、山梨の特産品 としての各個たる地位を築きました。 また、大正期にはハンドバック等も製作され製品も多様化し、現在に至っています。

「印伝」とは甲州(山梨)に400年以上も伝わる革工芸で、「印傳屋」は1582年に創業した「印伝」の老舗。
江戸時代、遠祖の上原勇七が鹿革に漆で模様をつける独自の技法を創案。ここに甲州印伝がはじまったと言われている。
1987年には、甲州印伝は経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定。印伝の伝統技は、生活を彩る実用美として、 希少な革工芸の文化を伝える担い手となっている。

人気のJAM SESSIONとして、 ディズニー/Disneyをはじめ、 コンバースCONVERSEスターウォーズ・STAR WARSポーター/PORTER印伝-印傳屋 (INDEN-YA)ニューエラ/NEW ERAナンバーナイン/NUMBER (N)INEハローキティ/HELLO KITTYカシラ/CA4LAジョジョの奇妙な冒険/JOJOとのコラボレーション商品を多数取り揃えております。


売上ランキング

売上ランキングをもっと見る

印伝 印傳屋 ( 甲州印伝 )

並び替え
490件中 401-490件表示
1 2 3